フェラガモの修理

本日ご紹介させていただきますのは鞄のハンドル修理でございます。

板バネの張力によって、きれいなフォルムを形成されているフェラガモのハンドルですが…

革を突き破ってしまってます。

ミシン目が弱点となり、完全に引き裂かれるかたちとなっている為、内部補強よりも再作成をご提案させていただきました。

最終的なフォルムを決定付けるパット材と板バネは流用させてもらい、その他の部分を本革にて作り直してゆきます。

今回は手縫い仕上げとさせていただきました。

本体に取り付ければ完成です。

きれいなアーチがよみがえりました。


消耗品とされる持ち手の修理。作り直しから当て革まで、当店では多様なパターンをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。