靴底の補強、すべり止めに。。

本日ご紹介させていただくのは、靴底の補強修理でございます。

一般にハーフラバーや半張りと呼ばれるこの修理、靴のお直しに出されたことのある方でしたら一度はすすめられた記憶がおありかもしれません…

名前のとおりソールの半分にゴムなどを張るというものです。

特にソールが革でできている婦人靴には非常に有効です。

メーカーによりさまざまですが、パンプスタイプですと3ミリ前後の革が使われていることが多いようです。

3ミリと言え素材そのものの質により対磨耗性はまちまち。

なによりすべりやすい、特に鉄!というわけでゴム張りを希望される方が多くいらっしゃいます。

作業としてはソールを薄くけずり、

ゴムの末端も薄くけずります。こうすることで革とゴムの取り合い部分に段差ができず、剥がれにくい修理となります。

カカトも交換しました。

これで耐久性もばっちり!

仕様するラバーの色や性能も各種ございますのでお問い合わせください。

赤色もございますのでルブタンに是非♪

長々と書いてしまいましたが、もちろん半張りせずに革のまま履くメリットもございます。(ソールの返りが良い、見た目が良い等々)

お客様のお好みや使用シーンにて選択肢のひとつに挙げていただければ幸いです。