鞄の内張り交換

カビと劣化で使えなくなってしまった内張り素材。

今回はこちらを交換してゆきます。

裏地が袋状になっているものを内袋、素材に張り合わされているものを内張りと呼び分けておりまして、実際修理内容も異なってまいります。

袋を取り出してまた付け替えるイメージの内袋交換に対し、内張り交換は鞄を解体しなくてはなりません。

解体しながら、一面ごとに張り替えてゆき、また同じ状態に組み直す。

非常に手間のかかる修理ではございますが、使用できない状態の鞄が綺麗に甦ります。

また、外からは伺い知れない、もの作りのこだわりに気付けることも、一作業者にとってはたのしみであったりもします。

そして口金も元通りに組み直し、

内張り交換の完成です。

大事にしまっておいたら劣化して使えないという方が多く、外見は新品同様の鞄も珍しくありません。

これはほんとうにもったいない!

他店にて断られた鞄や金額的にあきらめた鞄も是非いちどご相談くださいませ。